任意売却とは、住宅ローンの滞納が続くなどして借入金の返済が不可能になった場合に、当該不動産を金融機関の合意を得て売却することをいいます。 通常、住宅ローンは滞納、延滞すると、債務者は分割返済の権利を失ってしまい、債権者である金融機関は住宅ローンの残額を一括で返済するように要求してきます。もし返済ができなければ、担保となっている不動産を競売にかけて強制的に貸付金を回収することになります。 競売には様々なデメリットがあるため、住宅ローンは払えないが競売で自宅を手放したくないという方のためにあるのが任意売却です。
以下のような事例もございますのでご注意ください。
  • 債権者からの任意売却の申出があったが、任せていた専門家が債務者への説明もなく競売へ移行するように催告。
  • 不動産業者が、住宅ローン滞納の初期段階で任意売却の依頼を受けていたにも関わらず、販売活動もせずに、何かと口実をつけて競売開始まで放置し所有者を焦らせた上で、自社で安値で買取。
  • 住宅ローンの初期滞納で、不動産業者が安値での買取を目論み貸付を行う。
  • 不動産業者が連帯保証人の確認をせず、またはあえて、その可能性を伝えずに、任意売却後に連帯保証人の不動産や、財産、給与等を差押える。